Blog「樹乃里日記」 -48からの庭師への道-


樹乃里事務所「樹里庵」の住人、夢想権之助のブログです。 お庭と関係ないことも書いてます。


添景物

ようやくサクラが見頃になってきたと思ったら雨ですねぇ・・・

先日は樹乃里の門をご紹介しましたが、その後も場内整理は続いています。
門の前に長く放置していた添景物もようやく居場所を確保しました。
お客様宅用に確保していたものですが、ペンディングになったので(^^;)

玄関脇に水鉢
170406a

剪定枝葉処理業アジアの社長がメダカを飼育し始めていたのでちょっと分けてもらいました。

170406b

こうして仲間になるとメダカもかわいいもんですね。(^.^)

もう一つは灯篭。
170406c

小さい灯篭ですが、中台はともかく笠はとても一人では上がりません。
中台も笠も無理せずチェーンブロックで(^_^)v

170406d

かわいい灯篭でしょ?

庭造り完了!

ちょっと遅れましたが、先日庭造りのお仕事が終わりました。

Before1
160617a-b
After1
160617a

ワンちゃんがいるので家屋側は真砂土をそのまま残しています。
植え込みの茶色いのは剪定枝葉の堆肥。
グランドカバーとして敷き込みました。
先日書いた「井戸蓋」はシンプルなものにしました。

Before2
160617b-b
After2
160617b

春日灯篭が存在感有りますね。(宝珠が乗って無いけど(^^;))
灯篭の横のウメは母屋から移植したもの。
洞だらけだったのでどこまで持ってくれるか・・・
少しでも長持ちしてくれるよう、洞の部分に墨を塗りました。
入口から途中までは変化を付けるため「固まる真砂」です。

Before3
160617c-b
After3
160617d

踏み分け石の大きなひき臼も飛石もすべて母屋から。
石関係の持ち込みは砂利のみです。
ここの砂利は玖珠川砂利。
立派な手水鉢は母屋の屋根瓦で囲ってシンプルに。

Before4
160610-b
After4
160610

先日も書きましたが、奥の庭は敷地境界が迫っているので石庭です。
ちなみにここの砂利は天山白御影石。

奇しくも最終日は解体作業最終日と同じ日でした。(^^;)
4月くらいには解体が終わってその後ゆっくり庭造り、の予定だったのですが、
剪定シーズンにずれこんだのでこれから休み無しの剪定が続きます。(^^;)

1日1クリック、よろしくお願いいたします。 m(__)m

にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

菖蒲池

庭造りの現場の飾りの井戸に蓋を付けることになりました。

「そう言えば太宰府天満宮の黒田官兵衛の井戸に蓋が有ったごたる」

ってことで見に行きました。

160613b

ん?なんかぐちゃぐちゃやん!(>_<) 開けるための取っ手を付けて有るようですが、 そのせいでぐちゃぐちゃになってる感じ(^^;) やっぱシンプルなのが良かろう。 井戸のお向いに有る菖蒲池(というか菖蒲池の向かいに井戸が有る?) 160613

もうピークは過ぎたみたいですが、良い感じです。
叔父さんが池に入って花柄摘みをされてました。
こういう努力が有っての美しさなんですね。